まるご安間製茶

ご案内 ―安間製茶について―

家族でつくる、自然のなかで育まれたお茶

安間製茶がある静岡県袋井市豊沢は、小笠山のふもとにある自然豊かな土地。安間製茶でつくるお茶は、自然に囲まれ排気ガスのかからない豊沢地区の茶園で育まれたものだけに限定しています。こちらでは、誰でも安心して美味しく飲めるお茶を生産する、安間製茶についてご紹介しています。

私たちが「安間製茶」です!

安間製茶は約70年という歴史を持つ、家族で経営するお茶屋さん。お茶の栽培から加工、販売までトータルで行っています。日本茶インストラクターが2名おり、お茶の美味しい淹れ方などのレクチャーも行えます。

屋号の「まるご」って?

安間製茶の屋号である「まるご」は、創業者である「安間五兵衛(あんまごへえ)」の名前から。本人はすでに茶業を引退していますが、100歳を間近にしてまだまだ元気いっぱい。これも毎日美味しいお茶を飲んでいるおかげかもしれません。